白いライト

多くの魅力

ライト

発売当初、LED蛍光灯は従来の電源を使用できないものが多く電気工事が必要でした。しかし最近では電気工事不要で既存の電源を使用してLED蛍光灯を使えるものが出てきています。既存の電源を使用する場合、その電源の耐用年数を確認するようにしましょう。照明器具の場合、電球交換などで常に新しいものを使用している感覚がありますが、内部電源は点検や交換を行うことが少ない家電です。毎日蛍光灯を使う場所では内部機器が劣化していることがあります。このままの電源を使用してLED蛍光灯を使っても、さほど省エネ効果を得られないということがあります。 もし、電源を一度も交換したことが無いという場合は蛍光灯購入前に電気工事会社へ劣化などがないかチェックしてもらいましょう。もし劣化が確認された場合は電源から新しくすることで本来のLED蛍光灯の性能を実感することができますし、漏電などの心配も無くなります。

最近ではLED蛍光灯だけでなく電球型のLEDなども比較的安く手に入るようになりました。そのためシーリングライトやペンダントライトなどもLED対応のものが多くなってきています。また、一般家庭でもLED照明の普及が進んでいます。数年前からシーリングライト型LED照明には調光・調色機能がついていますが最近ではダウンライトや電球型のものにも調光・調色機能がついているものが増えてきています。特にダウンライト型はとても人気で、空間の広さやデザインに関係なく使用できる点が大きなメリットとなっているようです。最近増えているダイニングとキッチン、リビングが繋がっている間取りではダウンライトを使用することですっきりと広い空間を演出できる点が人気です。